FXのメリット

FXにはいろいろな特徴がありますが、その中で株式や債券などのほかの金融商品とくらべて優れている点、メリットを説明します。

買いからも売りからも取引を始められる

FXでは買いからも売りからも取引を始めることができます。たとえば、ドル円(USD/JPY)を買うという「円を売ってドルを買う」取引もできるし、ドル円を売るという「ドルを売って円を買う」取引もできます。

ドル円の買いでは円安ドル高になれば利益がでて、ドル円の売りでは円高ドル安になれば利益がでます。どの通貨ペアでも、買いからも売りからも入れるので、買いからしか入れない金融商品にくらべて利益を得るチャンスが多いというメリットがあります。

ただしいくら取引機会が多いといっても、勝つ見込みの低い取引を繰り返すというのが良くない投資行動なのは、いうまでもありません。FXを始めたばかりの頃はエントリーポイント(取引を開始するタイミング)の見定めが安定しませんが、それは厳選して売買を繰り返すうちに身につけられるものです。

逆にいえば、むやみにエントリーを繰り返している場合、FXで勝てるようになるのは難しいと思います。勝てると判断したときにだけ取引をおこなうことが大事です。

差金決済だから少額資金で取引できる

FXの決済方式は「差金決済」です。これは、売買の差額分のみを受渡するというものです。たとえば100万円分の外貨を買い、その後95万円で売るという取引をした場合、損失額の5万円さえあれば取引が完結します。取引のはじめに買付代金100万円を用意する必要はありません。

株式の現物取引などではこうはいかず、初めに買付代金分の100万円が必要になります。しかし、FXではその100万円は必要ありません。差額分のみ証拠金として差し入れできていればいいのです。ただし、もちろん上記の例は極端なものであり、実際にはそこまでリスクを大きく取った取引はオススメしません。

為替差益とスワップポイントの2つの利益がある

FXでは「為替差益(キャピタルゲイン)」と「スワップポイント(インカムゲイン)」という2つの利益があります。安く買って高く売ったときの差額の儲けが「為替差益」、高金利通貨の保有を続けることで、その金利差分に応じて得られる利益が「スワップポイント」です。

これらは同時に狙うこともできるので、FXでは1度の売買で非常に大きな利益を得ることも可能です。もちろん、大きな利益を得られるということは、反対に大きな損失が発生する可能性があるということでもあるので、その点について十分な認識が必要です。

取引コストが非常に低い

FXには「取引手数料(売買手数料)」と「スプレッド」(売りと買いの為替レートの差)の2つの手数料がありますが、そのうち取引手数料は多くのFX会社で無料、またスプレッドも非常に低く設定されています。

たとえば「取引手数料が無料」「ドル円のスプレッドが0.5銭」というFX会社で1万ドル(1ドル100円と仮定)の取引をした場合、片道手数料はたったの50円です。100万円の取引で50円の手数料というと「0.005%」です。ほかの金融商品ではあり得ない安さ手数料です。FXの手数料は圧倒的に低いといえます。

レバレッジをかけられるので資金効率が良い

FXでは2013年11月現在、個人で最大25倍のレバレッジをかけることができます。つまり、20万円あれば最大で500万円の取引が可能ということです。レバレッジをめいっぱい効かせるのは非常にハイリスクなので実際にはもっと小さいレバレッジでの取引を推奨しますが、いずれにせよFXは資金効率が良いといえます。

24時間取引できる

外国為替市場は、土日以外は毎日24時間ひらいています。つまり、FXでは24時間取引が可能です。日本の祝祭日でも海外のマーケットは開いているので、株式などのように休むことなく取引することができます。

通貨ペアが少ないので迷わない

FXのおもな通貨ペアは10数種類です。そのうち日本の投資家になじみのある通貨ペアはドル円やユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ニュージーランドドル円、ユーロドル、南アフリカランド円など、両手でかぞえられる程度です。

投資対象が少ないので、その対象の値動きや特性を理解しやすくなっています。もちろん、まじめに勉強と実践を繰り返せるならば…という前提はありますが、取引の習熟度がほかの金融商品にくらべて高くなる傾向はあると思います。

FXのメリットのまとめ

FXには以上のようなメリットがあります。どのメリットにもいえることですが、メリットの存在は、逆にデメリット(リスク)が存在することもあらわしています。リスクのない投資はありません。メリットもデメリットも両方を理解したうえで取引をはじめましょう。

このページの先頭へ