「円高」と「円安」について

外国為替についてよくニュースで聞く言葉のひとつに「円高」「円安」というものがあります。これはどっちがどっちなのか混同されがちな言葉だと思いますが、FX取引をするにあたって大事なポイントなのでサクッと覚えてしまいましょう。

円高と円安どっちがどっち?

円高とは、円の価値がほかの通貨に対して上がること。円安とは、円の価値がほかの通貨に対して下がることを意味しています。言葉にするとややこしいので数字で見ましょう。

たとえば1ドル100円から、1ドル90円になったとき。これは「円高」です。1ドルの価値を円で何円とあらわしたときに、100円から90円に数値が下がっている、つまりドルの円に対する価値が相対的に下がっており、逆にいえば円の価値が上がっているということだからです。

反対に、1ドル100円から110円になったとき。これは「円安」です。ドルの円に対する価値が相対的に上がっていることを示しているからです。

為替レートと通貨ペア

上記のように、FXにおける為替レートは、常にある通貨と別の通貨の組合せであらわされます。ドル円のレートを英語で表記すると「USD/JPY」となりますが、FXではこのように通貨が2つ組み合わせられたかたちで示されます。

組合せなので、ひとつの売買をするときは、どちらかを売ってどちらかを買うという取引になります。またFXでは、組合せの2つの通貨うち、前の通貨を中心に売買を表現します。たとえば「ドル円(USD/JPY)を買う」というのは「円を売ってドルを買う」取引、「ユーロ円を売る」というのは「ユーロを売って円を買う」取引です。

少しわかりにくいですが、わからなくなったら何度か復習して、きちんと身につくようにしましょう。

利益を得るには「安く買って高く売る」

FXで利益を得る方法は厳密には2つありますが、そのうちおもな儲け方は「安く買って高く売る」という方法です。たとえば1ドル100円のときにドルを買い、105円のときに売れば差額5円の利益です。

5円というと少なく聞こえますが、基本的にはFXでは1ドルごとの売買ではなく、もう少し大きな額の取引をします。仮に1万ドルを売買したら、5円の上昇だと5万円の利益です(手数料を考慮しない場合)。かなり大きな金額になることがわかると思います。

逆にいえば「高く買って安く売る」と損失が発生します。1ドル105円で買って100円で売ると、5円の損失です。もし1万ドルの売買だったら5万円の損失です。少しコワイ金額ですね。

少し話がそれましたが「円高」と「円安」という言葉は、FXにおける利益と損失の根幹に関係するものなので、きちんと覚えておくことをオススメします。言葉を覚えなくても為替チャートなど視覚的に判断できるものもありますが、今後のために基本をおさえておくことが大事です。

このページの先頭へ